世界のFX取引高のトップ3を日本のFX会社が独占

yyy現在、多くの日本の投資家の方々がFX取引に参加しています。2013年の第1四半期には、世界のFX取引高のトップ3を日本のFX会社が独占するといった、すごい記録が誕生しました。もちろん、アベノミクスによる急激な円安の効果もあったと思いますが、これほどまでに日本の投資家が外国為替市場でプレゼンスを増していることに驚きを感じました。

FXの魅力は、とても多くあります。まずはじめに大きいのが24時間取引できることです。FXでは通貨をターゲットとしているので、世界中どこでも取引をすることが可能です。為替レートは、株式と違い、市場が開いている時にしか取引できないといったことはないですので、自分の都合の良い時間帯に取引が出来るのです。これは、FX取引にとって、とても大きなメリットであります。次に、FX取引の魅力で、個人投資家を引きつけてやまないのが、小額から投資をすることができる点です。いわゆるレバレッジ取引を使用して、小さな金額でも多額の資金を動かすことができるので、実際に多額の資金を保有しなくても、取引できてしまいます。実際には、FX会社の規約、詳しくはhttp://www.binaryoptionjp.com、このサイトから見てください。これによって変わってきますが、1万円程度の金額からFX取引をすることも可能です。FX取引を行う上で、MT4やテクニカル分析チャートなどのツールで自動売買を行える事からも、便利化が進んでおり、これからもっともっとトレーダーの数が増えてくることでしょう。

そして、現物資産ではなかなかない魅力の一つとして、売りと買い、どちらからでも入れる点です。つまり、外国の債券等に投資する場合には、円を売って、外国債券の発行国通貨を買う必要があります。一方FX取引の場合には、円を買って、対象国通貨を売る取引もできるのです。したがって、例えば、為替が円高になろうが、円安になろうが、どちらに振れても、利益を出すことが可能なのです。

以上、取引面でのFX取引の魅力を記載してきましたが、手数料面でもFX取引には大きな魅力があります。FX取引は、外貨預金やその他の外国金融商品の売買と比べて、手数料が断然安いです。海外旅行に行かれた方でしたらお分かりのように、通常、外国為替の取引には、一定の手数料が加算されて取引がされます。例えば、最近銀行が売り出し中の外貨預金であれば、購入時、戻し時の往復取引で、1ドルに対して2円以上の銀行手数料が取られることがほとんどです。この手数料を考えると、例えば、現在の日米の金利差はわずかですので、為替レートが2円以上円高、または円安にならないと、手数料分のマイナスとなってしまう恐れが大きいです。一方FX取引における手数料は、概ね10銭から20銭程度ですので、手数料は、FX取引の大きな魅力と言えるでしょう。

現在、農家と言えば、ほとんどは「兼業農家」を指すのではないでしょうか。

田舎であっても、むしろ「専業農家」の人のほうが少数派となっています。

兼業で農家をなさっている方は、親から家と土地ごと継いだケースがほとんどで、自ら土地を求めてまで「兼業」をされる方は皆無と言っていいでしょう。
このため、それなりの田畑も所有しており、あるいはその一部だけを農地としている方も少なくはありません。なにしろ、農業は(作物にもよりますが)休暇というものがありませんから。広大な農地を全て耕すのは、かなりな困難が伴います。

もともと従来からの農業も、冬期は仕事を失うために、「兼業」していたのが実際です。ハウス栽培などで年中農業ができるようになったのは、ここ数十年内のこと。
その多くは季節労働であったりしたわけですが、半年(失業手当がもらえるギリギリまで)働き、春先からは農業に従事する、といったスタイルで、現代で言う『兼業』とは異なります。

現在の兼業農家は、会社員であるとか公務員であるとか、明確な固定職業に従事していて、残りの時間を農業に費やすといったスタイルで、悪い言い方をするなら「ついで」です。あるいは税制上の都合で、兼業されている方もかなりいらっしゃいます。
農地は固定資産税が優遇されているからです。

収益から見れば、本業(会社員などの)といい勝負か、あるいはやり方によって、本業を上回るケースも少なくありません。
ならば、専業農家をやればいいのではないか、という話もあるわけですが、これが単純にそうとは言い切れません。
農業は、国の政策から、かなり優遇された時代が続きましたが、それは農家が政治家にとって大票田だった頃のこ話で、その後は、むしろ政治に左右され続けました。

さらに、年金、保険などの制度を鑑みれば、あからさまに社会保険が優れており、兼業していれば、その恩恵にあやかることができるからです。
農家は、通常、自営業者などが加盟する国民年金ではなく、『農業年金』というものに加盟するのですが、それでもサラリーマンのそれには遠く及ばないと言っていいでしょう。

ごく最近になって、農業自体の法人化の流れがおきてきていて、こうした欠点を補うものも登場していますが、法制度的にはまだまだ縛りが多く、それが農業の本流となるには、まだしばらくかかるでしょう。

それでも、日本の食料自給率は4割に満たないレベルですから、なんらかの施作が必要であることは間違いなく、いずれは専業としての農家が増える時が来るかも知れません。